スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
二分の一(にぶんのいち)成人式
小学校で 二分の一(にぶんのいち)成人式 がありました。
将来の夢を語ったり、20歳の自分を想像したものを
一人一人が語るもので
男の子は プロ野球選手、サッカー選手、医者 が多く
女の子は パティシエール、ピアノの先生、看護士が多かったです。

せん
「私の夢は二つあります。医者とピアニストです。」と
発表してました。
見事な夢ですね。

・・・ですが 本当は
「医者&ピアニスト」ではなく、「お母さん」になりたいらしいです。
理由は 楽そう だからだそうで
二分の一(にぶんのいち)成人式で「楽そうなお母さん」と発表するのは
問題があると思って、建前で「医者&ピアニスト」にしたらしいです 
コズルイ奴。

そうそう、せんはクラスのお歌の伴奏役でピアノ  を弾きました。
決して上手ではなかったのですが
(バランスは悪いし、ペダルの踏みすぎで音はにごりまくり・・・

いろんなお母さんに心から(←ここ重要)褒めていただきました。
あれで褒めていただけるなんて意外でしたが
いろんなものを後回しにしてまで
鍵盤優先で生活しているせん
ちょっとは評価されてるみたいです。
へたくそでしたが褒められて嬉しかったです。
やっぱ、親ですね。
鬼母ですが、褒められると親ばかモードになります。

でもね~、せん、いい気になってはいけません。
コンクル組のお母さんは誰一人として
褒めてませんでしたよ~。
つ~か、ここでも 「でたがりなのね~」って思われたかも。
ハイ、せんは伴奏役に立候補しました。
なんでもかんでも立候補。
シアワセな奴です。

スポンサーサイト
【2010/02/24 11:16 】
小学校のはなし | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。